So-net無料ブログ作成

「平成24年度全日本学生柔道体重別選手権大会」 [大会]

昨日、一昨日と日本武道館では、「平成24年度全日本学生柔道体重別選手権大会」が開催されました。
男子31回、女子28回を迎えた今大会は、

法政大学からは、90キロ以下級に1年後藤が出場しました。

組み合わせが発表されたときから、後藤もチームも
3回戦での北野選手との対戦にリベンジすることを目標に稽古に励んできました。

後藤は、北野選手には、9月2日の「東京学生柔道体重別選手権大会」の準々決勝で対戦し、果敢に攻めましたが、健闘むなしく惜敗でした。


昨日は、1回戦、2回戦と1本勝ちで勝ち上がりましたが、
3回戦では、残念ながら、リベンジならず、涙をのむ結果となりました。

しかし、後藤の活躍は、チームにとってとても大きな刺激と力になり、
部員全員のモチベーションは、かなり高まりました。

次戦の「東京学生柔道二部優勝大会」では、チーム一丸となって戦い抜く決意を胸に秘め、
日本武道館を全員で後にしました。

【試合結果】
1回戦
九州学生 矢櫃選手(鹿屋体育大学)
鮮やかな大内刈りで1本勝ち

2回戦
関東学生 門脇選手(埼玉大学)
逆転の内またが決まり1本勝ち

3回戦
東京学生 北野選手(國學院大學)
帯取り返し合わせ技で1本負け

後藤は、ベスト16の成績。
尚、北野選手は、その後も勝ち上がり3位入賞となりました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0