So-net無料ブログ作成

全日本学生体重別団体兼新役員発表 [大会]

1128日(土).29日(日)の二日目間に尼崎市ベイコム体育館において全日本学生体重別団体が行われました。 

一日目は1回戦はシード枠のため、2回戦からの試合になりました。

相手は同志社大学となり、結果は、負けてしまいた。


結果は以下となります。

一日目 2回戦

対同志社大学

12


そして、今回の大会をもって四年生は引退となり、新体制が発足しました。


主将 ③植田蒼太朗


副主将 ③伽羅谷匠 ③石川慶悟


主務 ③小澤諒輔 


広報委員長 ③石川慶悟


寮長 ③安部晴輝


トレーニング部長 ②石澤佳斗

以上の様に決まりました。


 この度、法政大学体育会柔道部新主将に選出して頂きました経営学部3年の植田蒼太郎です。次年度は悲願である「全国ベスト8、全国体重別団体ベスト8」を叶えるために、今年度の反省等を活かし、日々の稽古等を励んできましたので、次年度の目標はを目標とし、日々精進していきます。

皆さんこれからも応援よろしくお願いします。


今回の記事を持ちまして、佐藤四年生から石川三年生にバトンタッチいたします。


拙い文章ではありましたが、今まで読んで頂いた諸先輩方々の皆様ありがとう御座いました。

この広報で学べた事を次のステージでも活かしたいと思います。


変わらぬ叱咤激励応援を宜しくお願い致します。


IMG_6454.JPGIMG_6453.JPGIMG_6460.JPGIMG_6459.JPGIMG_6462.JPGIMG_6444.JPGIMG_6448.JPGIMG_6451.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

平成29年度全日本学生体重別選手権 [大会]

9月30日(土)10月1日(日)平成29年度全日本学生柔道体重別選手権大会が日本武道館に於いて行われました。法政大学柔道部からは、60キログラム級の原田雄介(2年 )、81グラム級の宮田裕三(2年)、90キログラム級の中村拓夢(2年)、植田蒼太郎(3年)が出場しました。



原田雄介、宮田裕三、植田蒼太郎は1回戦敗退、中村拓夢2回戦敗退という結果となりました。以下に結果を載せます。


原田雄介

1回戦 反則負け(鹿屋体育大学・森田選手)


宮田裕三

1回戦 優勢負け(福岡大学・座波選手)



中村拓夢
1回戦    一本勝ち(東北学院大学・川崎選手)

2回戦    一本負け(明治大学・増山選手)


植田蒼太郎

1回戦    一本負け(桐蔭横浜大学・片桐選手)


4人とも法政の名に恥じぬ、戦いぶりで試合を展開出来ていました。それゆえ、現状に満足せず、今大会の経験から学び、10月28日(土)、29日(日)に行われる全日本学生柔道体重別団体優勝大会につなげてゆき、日々の稽古に精進してほしいと思います。

法政大学柔道部の応援をこれからも宜しくお願い致します。
IMG_6319.JPGIMG_6316.JPGIMG_6327.JPGIMG_6323.JPGIMG_6331.JPGIMG_6332.JPGIMG_6328.JPGIMG_6335.JPGIMG_6339.JPGIMG_6336.JPGIMG_6337.JPGIMG_6338.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

東京都学生柔道体重別選手権大会 [大会]

93日に東京都学生柔道体重別選手権大会が行われました。


法政大学は計16名出場しました。

結果は

3年生の植田(90キロ級)がベスト4

2年生の中村(90キロ級)がベスト16

宮田(81キロ級)がベスト16

原田(60キロ級)が敗者復活戦で勝利を収め、計4名が全日本学生柔道体重別優勝大会への出場が決まりました。


またチームとしても尼崎で行われる体重別団体への出場が決まりました。

尼崎でもチーム一丸となり一戦必勝の心構えで戦っていきたいと思います。


OBOG、ご父兄の皆様応援ありがとうございました。

これからも応援をよろしくお願いします。

IMG_6169.JPGIMG_6172.JPGIMG_6171.JPGIMG_6170.JPGIMG_6127.JPGIMG_6128.JPGIMG_6126.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

東京都ジュニア柔道選手権大会 [大会]

東京都ジュニア柔道選手権大会

7月9日に東京都ジュニア柔道選手権大会が行われました。
本校からは14名の選手が出場しました。

軽量級から順に結果を載せていきます。

男子
60kg級  原田雄介(2年) ニ回戦敗退

66kg級  石澤佳斗(2年) ベスト16
              岩田良    (1年) 一回戦敗退

73kg級  大中志津(2年) ベスト16
              工藤広大(2年) 一回戦敗退

81kg級  宮田裕三(2年) ベスト8
              村上敦哉(2年) ベスト8
              石川絋大(1年) 一回戦敗退

90kg級  中村拓夢(2年) ベスト8
              新垣慶一郎(1年)一回戦敗退

100kg級  三井健太(2年) ニ回戦敗退
                香川凌(1年)一回戦敗退

100kg超級 齋藤彪雅(1年) ニ回戦敗退
                  田﨑陵太(1年)  一回戦敗退

惜しくも全日本ジュニアへの切符を獲得することができなかったですが、一人一人が自分の柔道をし、また課題がたくさん見つかったと思います!


応援に駆けつけて頂いたOBの皆様や父兄の皆様、ありがとうございました。
IMG_4920.JPGIMG_4923.JPGIMG_4928.JPGIMG_4921.JPG

全日本学生柔道優勝大会 [大会]

6月24、25日に日本武道館で全日本学生柔道優勝大会が行われました。

24日に男子は一回戦まで25日に二回戦から決勝戦まで行われました。

初日に法政は、弘前大学と一回戦を行い、5−0というスコアでいいスタートを切ることができました。

25日の二回戦は、鹿屋体育大学とでした。

お互い取って取られての拮抗した戦いでしたが、2−2の代表戦で四年生の田北健太郎が優勢勝ちで勝利を収め、三回戦へ進むことができました。

三回戦では、近畿大学でした。

近畿大学との試合では力の差を見せつけられ、0−5で敗れてしまいましたが、35年ぶりに全日本学生でベスト16に輝くことができました!

法政柔道部みんな、試合中のチームが一丸なって勝利に向かっている姿や一人一人の力が着々についてきていることを感じることができた試合でした。

今大会の反省点を次の東京都学生体重別大会に向け、克服できるように頑張っていきます!

応援に駆けつけてくれたOBの皆様や父兄の皆様、ありがとうございました!

IMG_4813.JPGIMG_4817.JPGIMG_4820.JPGIMG_4814.JPGIMG_4826.JPG

東京都学生柔道優勝大会 [大会]

5月28日に東京都学生柔道優勝大会が行われました。
一回戦、法政大学はシード校なので二回戦からの登場となりました。

二回戦は立正大学との対戦となり、7−0で勝利し全日本学生柔道優勝大会の出場権を獲得しました。

三回戦は順天堂大学との対戦となり、2−1で勝利し20年ぶりに東京都ベスト8になることができました。

準々決勝では明治大学との対戦となり、4−0で負け、準々決勝で敗退しました。

まだ、強豪校との差はありますが、沢山の課題が見つかり全日本学生柔道優勝大会に向けて頑張ろうと思います。
敗れはしましたが個々の内容は惜しいところもありました。

今回応援に駆けつけて頂いた御父兄の方々やOBや関係者の皆様ありがとうございました。

これから全日本学生、東京都ジュニアと立て続けに試合がありますので、OBや関係者の皆様にいい報告ができるよう部一同頑張ってまいります。
ご声援の程よろしくお願い致します。
IMG_4323.JPGIMG_4331.JPGIMG_4332.JPGIMG_4328.JPGIMG_4333.JPG

千葉県社会人大会 [大会]

4月22日に千葉県浦安市、了徳寺学園大学にて千葉県社会人大会がありました。
予選リーグでは、
国際武道大学、城西国際大学、清和大学と行いました。
一試合目は、国際武道大学に0-2で敗戦
二試合目は、城西国際大学に4-1で勝利
三試合目は、清和大学に2-3で敗戦し、
予選リーグ敗退となりました。

今回のこの試合は、来年を見据えて一、二年生中心のチームで出場しました。
一年生は、初めての試合でしたが精一杯頑張ってくれました。
そして、この試合で自分に足りない所やチームで戦うことの大切さなどを感じた試合だと思いました。
5月下旬に東京都学生の団体戦があるので、チーム一丸となって頑張りたいと思います。
応援よろしくお願いします。
IMG_2984.JPGIMG_2988.JPGIMG_2990.JPGIMG_2991.JPG

ハルランピエフ記念国際サンボ選手権大会 [大会]

3月24〜25日に法政大学柔道部から2名の部員がロシアで開催されたサンボの世界選手権に出場しました。
この大会は2月に行われた全日本サンボ選手権大会で優勝を飾ってくれたこの2名が出場しました。
三年生 植田蒼太郎  100kg級

四年生 田北健太郎  90kg級

結果としては、
100kg級の植田は一回戦を勝ち抜いたものの、二回戦で力の差を魅せられました。

90kg級の田北は一回戦で惜しくも負けてしまいました。
2名共にとてもいい経験ができたと思います。植田は、来年も世界選手権を狙っていただきたいと思います。応援ありがとうございました。
IMG_3867.JPGIMG_3868.JPGIMG_3871.JPGIMG_3870.JPGIMG_3872.JPGIMG_3873.JPG

プーチン大統領杯 全日本サンボ選手権大会 [大会]

2月12日に墨田区総合体育館で全日本サンボ選手権大会が行われました。
法政大学柔道部から2年の植田蒼太郎、3年の田北健太郎の2名が出場しました。

学年順に結果を載せていきます。

2年  植田蒼太郎    -100㎏級 準優勝

3年  田北健太郎    -90㎏級 優勝
優秀な成績を収めてくれました!

この結果、3月23日〜26日にロシアのモスクワで行われる世界大会に出場することになりました!
そこで出場する2名の前回の反省と世界大会への意気込みを一言。

植田蒼太郎「前回の試合では力負けをし、押される場面が多々ありましたが世界大会ではスピードを活かし勝負をしたいと思います。また、今回選ばれたことに感謝し法政大学のプライドを持って正々堂々と戦いたいと思います。」

田北健太郎「苦しい試合の連続でしたが諦めず、粘り強く戦ったことが勝因になったと思います。日本代表として出場する国際大会では、誇りを持ち最後まで諦めず戦いたいと思います。」

この2名には世界大会でもこの意気込みのように頑張っていただきたいと思います。

皆さん応援宜しくお願いします!

image.jpegimage.jpegimage.jpegimage.jpeg

全日本学生柔道体重別優勝大会 [大会]

10月1日(土)2日(日)平成28年度全日本学生柔道体重別選手権大会が日本武道館に於いて行われました。法政大学柔道部からは、石澤佳斗(1年)宮田裕三(1年)の2名が出場しました。



石澤佳斗、宮田裕三ともに二回戦敗退という結果となりました。以下に結果を載せます。


石澤佳斗

一回戦 指導勝ち(仙台大学・鈴木選手)

二回戦 一本負け(埼玉大学・阿河選手)


宮田裕三

一回戦 棄権勝ち(近畿大学・黄選手)

二回戦 一本負け(日本体育大学・岩本選手)


二人とも一年生ながらも、堂々たる戦いぶりで試合を展開出来ていました。しかし、二人にはこれに満足せず、更なる高みを目指し日々の稽古に精進してほしいと思います。そして、三年後には法政大学柔道部を引っ張っていく存在になってほしいと願っております。

法政大学柔道部の応援をこれからも宜しくお願い致します。

1476838419348.jpg
1476838428221.jpg
1476838435862.jpg